まつげのダメージを補修するためにはいろいろな方法があります。
その中でも一番いいと思う方法をご紹介していこうと思います。
まず一番初めにいいと思う方法はリップクリームやワセリンやニベアをまつげに塗る方法です。
このほうほうであればかなりお金も安くすみますし、簡単に補修することができます。
ただしダメージが大きい場合には補修しきれないこともあります。

 

その次にいい方法は、まつげ美容液を使用する方法です。
まつげ美容液はまつげ専用に作られたものなのでかなりダメージ補修をする効果が高いです。
そのため価格はニベアなどよりは高いですが、そのぶん効果もかなり高いです。
費用対効果で考えるとかなりいいものだと思います。
なので、出来る限りダメージ補修をする場合には、まつげ美容液を使用することをお勧めします。

 

次の方法としては、まつげや目回りのメイクをいったんやめてしまうことです。
じつはこの方法がかなり効果があります。
じつはアイメイクによって、まつげはかなりダメージを受けています。
それでもまつげは自然とダメージ補修していくので、
アイメイクをやめるだけで結構ダメージが補修することができます。
逆にメイクを続けているといつまでもダメージを受けたままになってしまいます。

 

リシリッチと市販トリートメント